マレーシアの東海岸にあるティオマン島。 とてものんびりとした田舎の島。 目の前に広がる、青くて大きくてキレイな海を見ながら毎日過ごしてます。 ティオマン島で暮らしているAKIとaicoが、日々の出来事をお伝えしていきます。 経営しているダイビングショップ『BLUE HEAVEN DIVERS』に訪れてくださったお客さんたちとの楽しい毎日を覗いて見て下さいね。

メルシンでの多忙な1日

朝一番のフェリーでメルシンへ。
やることは本当に一杯あります。

まずは、お客さんたちや水中写真の現像。
その後、早歩きで市場へ行き、ブ○肉や野菜、果物など購入。
そして、マレーシアレストランでシャンティと会い、ビザ関係の書類に署名及びその費用の支払い。
次は、ヴィクトリーへ行ってオイラ達に送られてくる郵便物の回収。
先日、KLで頼んだステッカーも出来てました。
なかなかの出来です。



そして郵便局へ行ってお客さんに教科書を送り、TELECOMへ。
事務所の電話料金の支払い。
次はスーパーマーケットに行って、その他の食料品の買出し。
やっとこさ昼食。
今日は青菜炒めとチャーハンを頼みました。

今度はKINIっていうスーパーで文房具や家で使う雑貨の買い物。
そして今日はまだメールのチェックをしていないのでネットカフェに行き、メールのやり取り。

ティオマンへのスピードボート最終便は5時半。
珍しくほぼ時間通りに出発。
ティオマンには7時ごろ着きました。

買ってきた生鮮食品を片付けていると、カトウさん、ヒロ君が訪ねて来てくれました。
しかも、留守中にお客さんが来たことを教えてくれて、サウスパシフィックに訪ねて行くも、残念ながら不在でした。

4人で、レストランヒジャウで夕食。
今夜はやたらとビールがうまく感じる。
ティオマンに比べるとメルシンは暑いし空気悪いから(東京よりはずっとましですが)、余計に疲れる。

食後、アイコと2人で再びサウスパシフィックに行くもやはり不在で、置手紙を書いていると、ABCのおっちゃんが日本人のカップルを紹介してくれました。
ベルジャヤに滞在しているのに遊びに来たそうです。

「あの、これからベルジャヤまでどうやって帰るの?タクシー?」とおいらが聞くと、
「えっ?ボートはないんですか?」
「いやぁ~、もうないですよ。暗くなったらないから」
「・・・・」
しばし呆然の2人。
そりゃ~、歩いたら1時間以上かかるもんね。
もしかしたらマリンパークでタクシーサービスがあるかも(あくまで運がよければです)と、伝えて、2人は帰って行きました。
うまくつかまるといいんだけど。

by あき
BLUE HEAVEN DIVERS 00:00 | コメント(0) | 日記
コメント
この記事へのコメントはありません。
名前:
メールアドレス:
コメント:

BLUE HEAVEN DIVERS

プロフィール
Blue Heaven Divers
マレーシアの東海岸メルシンから約56Km, 美しい珊瑚礁に囲まれ、 熱帯雨林に覆われたティオマン島。 メルシン沖に点在する64の 火山群島の中で最大の島。 サファイアブルーに澄んだ海には 色鮮やかな熱帯魚が泳ぎ、 さまざまな海洋生物が生息している その海中世界はまさに BLUE HEAVEN
«  2007年 07月  »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
月別アーカイブ
最近の記事
2019年度の営業を…
11/01 15:52
祝☆オープンウォータ…
10/30 14:03
祝☆オープンウォータ…
10/30 13:50
祝☆PADIアドバン…
10/30 13:16
祝☆PADIアドバン…
10/29 18:25
10月18日~24日…
10/25 19:02
お写真頂きました!色…
10/20 14:01
講習修了のみなさん、…
10/18 17:07
お写真頂きました!フ…
10/16 17:45
祝☆オープンウォータ…
10/14 11:06
最近のコメント
<a href=ht…
Isabellaea... 11/12 04:06